今そこにある日経平均
今そこにある日経平均
ホーム > 社会保険 > 専業主婦の年金、第3号被保険者ってお得?

専業主婦の年金、第3号被保険者ってお得?

専業主婦に該当者の多い第3号被保険者ですが、3号被保険者制度は本当に「お得な制度」なのでしょうか。

第3号被保険者のメリットは、まず保険料の負担がないことです。また、手続きも夫の会社でしてくれるため、自分で行う必要がありません。

対して、デメリットは、第1号被保険者の、国民年金基金や個人型の確定拠出年金、第2号被保険者の厚生年金基金や企業型の確定拠出年金のような企業年金によって、公的年金の上乗せとなる年金制度を利用することができないことです。 また、結婚によって名前や住所が変わると、加入記録の漏れが生じても結婚前後の加入記録が結びつきにくいので、ねんきん定期便などで加入記録の漏れがないかしっかり確認する必要があるでしょう。

 

 

年金の新規適用届けなら、こちら。

 

 

第3号被保険者制度は、仕事をしたくても子育てで仕事に出られない女性にとっては、保険料の負担がなくても将来の年金が保障される、うれしい制度と言えるようです。

ただし、パートタイマーとして働いている人も多いという現実を加味すると、保険料の負担がないメリットだけで「有利な制度」と判断するのは安易なことかもしれません。

今後もパートタイマーの厚生年金適用は検討が続きます。

「第3号被保険者の範囲内で」という選択肢もありますが、将来の年金額は負担に応じて増えるということも考えてみることが必要になるのではないでしょうか。